どうなる将来の脱毛治療!

rogoit2

火傷や事故のダメージへの皮膚再生はもちろん、10年以内には、分泌異常からくる体臭や若ハゲの治療にも応用できるらしい。


Posted on
 | 4月 6, 2016 | No Comments

マウスのiPS細胞から皮膚の「表皮」や、毛を作り出す「毛包」など、皮膚の組織全体を作り出すことに理化学研究所などの研究グループが成功した、と2016年4月発表した。

世界初の成功で、表皮組織だけでなく、発毛や皮脂の分泌も可能な付属器も含めた再生が可能という。将来は、皮膚の疾患への新たな再生治療方法として、iPS細胞(人工多能性細胞)からの皮膚再生の開発をめざす。
NHKなどが4月2日報道した。

実験は、マウスの歯茎から採取したiPS細胞を胚様体と呼ばれる塊に形成し、これを複数、コラーゲンで包んでマウスに移植した結果、30日後には天然の皮膚と同様の構造を持つ再生状態になった。毛は皮下で立毛筋と神経組織がつながり、鳥肌現象も再現できた。

マウスの実験画像(写真・RIKEN)

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る